新着情報

HOME 新着情報

NEW ATLの新薬の発表がありました

抗悪性腫瘍剤「エザルミア®錠50mg・100mg」(一般名:バレメトスタットトシル酸塩)がATLを適応として国内製造販売承認取得された旨、発表されました。 抗悪性腫瘍剤国内「エザルミア®錠50mg・100mgにおける製造販売承認」の取得のお知らせ https://www.daiichisankyo.co.jp/files/news/pressrelease/ …

続きを読む

NEW 読売新聞オンライン 2022年9月8日掲載のお知らせ

読売新聞オンライン 2022年9月8日に本サイトについて掲載されました。 「白血病ウイルス感染者に専門医がオンライン問診…全国で推定100万人、相談体制を強化」 https://www.yomiuri.co.jp/medical/20220908-OYT1T50256/

EVENT 第8回日本HTLV-1学会学術集会の事前参加登録が始まりました。

第8回日本HTLV-1学会学術集会の事前参加登録が始まりました。 第8回日本HTLV-1学会学術集会 会期:2022年11月4日(金)〜11月6日(日) 会場:一橋講堂(〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目1−2 学術総合センター2F) 会長:浜口 功(国立感染症研究所 次世代生物学的製剤研究センター センター長) URL:http://htlv. …

続きを読む

ATL_NEWS アグレッシブATLレジストリ・バイオレポジトリのwebサイトオープン

この度、アグレッシブATLを対象としたレジストリ(患者登録システム)・バイオレポジトリ(検体収集システム)に関するwebサイトをオープンいたしました。私達が取り組んでいる「アグレッシブATLにおける予後因⼦の検討と個別化医療の確⽴を⽬的とした全国⼀元化レジストリおよびバイオレポジトリの構築」のための多機関共同前向き観察研究を紹介させていただきます。また、患者 …

続きを読む

JSPFAD_NEWS JSPFADのホームページをリニューアルしました

JSPFADは2002年に研究を開始してから、本年まで20年間、活動を継続してきました。 JSPFADに参加してくださっている協力者のみなさま、医療機関のみなさま、 研究者のみなさまに、改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございます。 これまでHTLV-1に関連したホームページとしては、情報サービスやキャリねっと、HAMねっとなどいくつかありましたが、そ …

続きを読む

HAMNET_NEWS HAMねっとのホームページをリニューアルしました

これまでHAMねっとやHTLV-1情報サービス、JSPFAD(HTLV-1感染者コホート研究班)などHTLV-1に関連するホームページがいくつかありました。この度、これらのサイトが、これまで以上につながりを持てるよう「HTLV-1情報ポータルサイト ほっとらいぶ」として生まれ変わりました。 HAMねっとも患者さん、医療従事者、研究者がともに協力しながらHAM …

続きを読む

ATL_NEWS 症例登録数200例を達成

2021/08/01より患者登録を開始し、約1年で200例もの初発アグレッシブATL患者さんを登録いただきました。研究へご参加いただいた患者さん、またお忙しい診療業務の中患者さんを登録いただいた共同研究機関の皆様に、厚くお礼申し上げます。

ATL_NEWS 改訂計画書(第1.2版)がNCCのIRBで承認されました

年度替わりの研究者異動に伴う研究組織変更のために、研究計画書 第1.1→1.2版の改訂を行い、7月15日にNCCで中央一括審査が承認されました。共同研究機関の責任者・担当者におかれましては、研究事務局より承認書類一式を送付させていただきましたので、施設IRBに実施許可申請(中央一括審査委託なしのご施設では改訂申請)をお願いいたします。承認されましたら、研究事 …

続きを読む

ATL_NEWS 検体収集を開始しました

2022/02/05に、アグレッシブATLバイオレポジトリ構築を目的とした「アグレッシブATLにおける予後因⼦の検討と個別化医療の確⽴を⽬的とした全国⼀元化レジストリおよびバイオレポジトリの構築」がNCCのIRBで承認されました。2022/02/28にかけて、検体解析・保管機関(聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 病因病態解析部門)および検体取扱業者 …

続きを読む

ATL_NEWS 患者登録を開始しました

2021/4/26に、アグレッシブATLレジストリ構築を目的とした「アグレッシブATLの予後に影響する因子について検討する多施設前向き観察研究」がNCCのIRBで承認されました。 2021/07/31にかけて、データセンター(日本造血細胞移植学会)およびEDCベンダー(クリンクラウド社)と協同でEDCシステムを整備しました。 2021/08/01より、患者登 …

続きを読む